マイページログイン
リピート割引実施中!
ご注文はこちらから。以下のセットや用途をお選びください。
セットメニュー
用途で選ぶ
サイズで選ぶ
製本方法で選ぶ
オプションメニュー
便利なツール
同人誌印刷・利用ガイド

オンデマンド印刷とは
お得で便利な会員登録!
企業情報
日本印刷個人情報保護体制認定制

弊社は、個人情報の取扱体制をより一層強化し、JPPS(日本印刷個人情報保護体制認定制度)の認定を受けています。
(認定番号:第JP300202(1)号)

■「日本印刷個人情報保護体制認定制度(JPPS)」とは
全日本印刷工業組合連合会主催の、印刷業界に特化したプライバシーマーク(Pマーク)に準じる個人情報保護体制の認定制度です。


■営業カレンダー

※赤色が休業日です。




 

テンプレートのダウンロード

データ作成に便利なテンプレートをご用意しております。
●テンプレートはPSD形式(カラーモード:CMYK・RGB、解像度350dpi)とAI形式(カラーモード:CMYK)の2種類をご用意しております。 ソフトに合わせてご利用ください。


「中綴じ」と「無線綴じ」共通
単ページ用テンプレート >>
「中綴じ」のみのご利用を推奨
見開き用テンプレート >>

中綴じ・無線綴じ冊子用テンプレート(単ページ)

見開きでのデザインがない場合は「単ページ」テンプレートがお勧めです。
PSD形式とAI形式のテンプレートをご用意いたしております。サイズをご確認の上ご利用下さい。

サンプル

サイズ CMYK用
(AI形式・PSD形式 解像度350dpi)
RGB用
(PSD形式のみ 解像度350dpi)
A4またはB5 ダウンロード ダウンロード
A4またはB5(ヨコ型) ダウンロード ダウンロード
A5またはB6 ダウンロード ダウンロード
A5またはB6(ヨコ型) ダウンロード ダウンロード
新書または文庫 ダウンロード ダウンロード
正方形 ダウンロード ダウンロード
  CMYKに対応していないソフトをお使いの場合はこちらをご使用下さい。
-----【ご注意下さい】-----
ご使用前にカラーモードについてを必ずご一読ください。

テンプレートの使用注意点
トンボ(トリムマーク)・塗足しについて

● Photoshopの場合、「ガイドレイヤー」を削除してから、レイヤーを統合してください。
「ガイドレイヤー」を一緒に統合すると、ガイド線が印刷されてしまいます。


● 無線綴じの場合、ページを限界まで開くことができず、ノド(綴じ部分)が隠れてしまいますので、隠れて困る文字等はノド(綴じ部分)は「20mm以上」余裕をもって配置するのがお勧めです。



センター(綴じ・ノド)付近のレイアウトについて


● 無線綴じ表紙は「背幅を含んだ見開きデータ」でご入稿下さい。

※背表紙にもなにも印刷しない場合は、単ページで入稿していただいても大丈夫です。

※無線綴じの表紙には見開きテンプレートを使用しないでください。背幅が含まれていないため、全体の幅が足りず、きれいに印刷できない恐れがあります。

※見開きでのデータ作成が難しい場合は、ページ数、使用する用紙、データ作成ソフトをお知らせの上、doujin@nishioka.co.jpまでご相談くださいませ。

・ 背幅の計算方法はこちらをクリック >>>
・ 無線綴じの表紙作成例はこちらをクリック >>>

● ファイル名は、どのデータが何ページ目のデータであるかが分かるようなファイル名にしてください。
(例:「hyo1.ai」「hyo2.ai」「P03.ai」「P04.ai」など)

・ ファイル名の付け方についてはコチラをクリック >>>


見開きデザイン用テンプレート
( 無線綴じの場合は注意点をご確認の上ご利用ください)

見開きでのデザインがある場合は「見開きページ」テンプレートがお勧めです。
PSD形式とAI形式のテンプレートをご用意いたしております。サイズをご確認の上ご利用下さい。
※見開きでのレイアウトが必要ない場合は、製本方法にかかわらず「単ページ」で作成して頂くのがお勧めです。

サンプル


サイズ CMYK用
(AI形式・PSD形式 解像度350dpi)
RGB用
(PSD形式のみ 解像度350dpi)
A4またはB5 ダウンロード ダウンロード
A5またはB6 ダウンロード ダウンロード
A5またはB6(ヨコ型) ダウンロード ダウンロード
新書または文庫 ダウンロード ダウンロード
正方形 ダウンロード ダウンロード
必ずご確認ください

無線綴じ用データに見開きテンプレートを使う場合

CMYKに対応していないソフトをお使いの場合はこちらをご使用下さい。
-----【ご注意下さい】-----
ご使用前にカラーモードについてを必ずご一読ください。

テンプレートの使用注意点
トンボ(トリムマーク)・塗足しについて

● Photoshopの場合、「ガイドレイヤー」を削除してから、レイヤーを統合してください。

「ガイドレイヤー」を一緒に統合すると、ガイド線が印刷されてしまいます。


中綴じであっても、違う用紙同士が見開きとなり、製本時に多少のズレは必ず生じますので、細かな文字等はセンター(綴じ・ノド)部分をまたがないようにレイアウトされることをお勧めします。
中綴じ説明

※センター部分を細かな文字等がまたぐようなレイアウトの場合は、ズレが生じることも予めご了承いただいたうえでご入稿ください。
※上図はあくまでイメージとなります。ズレは一定ではありませんのでご注意ください。




無線綴じの場合、ページを限界まで開くことができず、ノド(綴じ部分)が隠れてしまいますので、隠れて困る文字等はノド(綴じ部分)は「20mm以上」余裕をもって配置するのがお勧めとなります。

単ページテンプレートの方が、余白を考慮したレイアウトがしやすいため、無線綴じ冊子の場合、見開きテンプレートのご使用はお勧めしておりません。


上記内容を踏まえたうえで、無線綴じで見開きデータでのご入稿をご希望される場合は、
下記の「センター(綴じ・ノド)付近のレイアウトについて」を必ずご確認いただき、ご了承の上ご利用くださいませ。

無線綴じのセンター(綴じ・ノド)付近のレイアウトについて>>



無線綴じ表紙は「背幅を含んだ見開きデータ」でご入稿をお願いしていますが、
無線綴じ「表紙データ」には
「見開きテンプレート」を使用しないで下さい。

※無線綴じの表紙には見開きテンプレートを使用しないでください。背幅が含まれていないため、全体の幅が足りず、きれいに印刷できない恐れがあります。

※見開きでのデータ作成が難しい場合は、ページ数、使用する用紙、データ作成ソフトをお知らせの上、doujin@nishioka.co.jpまでご相談くださいませ。

※背表紙に文字や図柄を入れない場合は、単ページでご入稿頂いても大丈夫です。

背幅の計算方法はこちらをクリック>>
無線綴じの表紙作成例はこちらをクリック>>

● ファイル名は、どのデータが何ページ目のデータであるかが分かるようなファイル名にしてください。
(例:「hyo1.ai」「hyo2.ai」「P03.ai」「P04.ai」など)

・ ファイル名の付け方についてはコチラをクリック >>>



page top