学会ポスターのご注文は、コチラから

はじめてご注文される方へ

よくあるご質問

対応サイズ・ソフト・フォント

お支払い方法

お客様の声

■営業カレンダー
※赤色が休業日です。

 

SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

学会ポスターデータの作り方・ご注意点

データ作成のご注意点(全般)

PowerPoint(パワーポイント)

※ご注意※

作成データのサイズが小さすぎる場合(A5→A0サイズに拡大印刷など)、仕上がりの品質が悪くなる可能性があります。
データ作成する場合、
ご注文サイズに近いサイズ(可能であれば原寸)に設定して頂けますようお願い致します。

★複数スライドを、1枚のポスターにまとめるデータ作成方法は! こちらのページへ 

  • 複数のスライド(原稿)を、配置データとして書き出す方法
  • 書き出した配置データを、1枚の学会ポスターにまとめる方法

ページ設定

ページ設定画面で、サイズを「ユーザー設定」に変更し、印刷サイズの大きさになるように設定してOKボタンをクリックしてください。
必ず、幅(W)と高さ(E)には直接、数値をご入力ください。

(例)下図の設定例は、A0サイズ(1,189mm×841mm)の場合の設定となります。

 
▲パワーポイント2003           ▲パワーポイント2007


ご注文サイズとデータサイズ(ページ設定)の縦横比率を必ず合わせてください。

サイズ設定のご注意

B0サイズ以上(1,456mm×1,030mm) をご希望の場合、縮小サイズでデータをお作りください。

ページ設定で、142.2cm(134.4cm)以上の設定は出来ませんので、ご注意ください。
例えばB0サイズをご希望の場合、縮小サイズ(B0サイズの場合は、B1サイズ728mm×1,030mm)でデータをお作りください。
当店で拡大印刷させて頂きます。

 

写真・グラフを入れる場合

写真やグラフなどの画像データを配置される際は、必ず【挿入→図→ファイルから】の手順にて画像を配置してください。

配置する画像形式は、JPG・BMPをご使用ください。

配置画像の解像度(データ容量)が適切でない場合、非常に粗い状態で印刷されてしまい、
ギザついたり、ぼやけたりといった仕上がりになる可能性があります。ご注意ください。

 

特殊効果を使用した場合の注意点

透過性(半透明)・透過性グラデーション・影等、特殊な効果を使うと、正常にデータ通りの印刷ができない上に、
デザインが崩れてしまう可能性がありますので、ご使用はお控えください。

※特に、パワーポイントのバージョンが2000〜2004をご使用されている方は、透過性(半透明)効果を使用すると、
網目状に印刷されたり、効果自体が反映されない場合があります。

Word・Excel

ページ設定について

Word・Excelの場合、大判サイズのページ設定ができませんので、ご希望サイズの縮小版でデータを作成してください。

 Word

 Excel

A0サイズ等の印刷をご希望の場合は、A4・A3に、B0サイズ等の印刷をご希望の場合はB4・B3に設定して下さい。

画像を挿入する場合

挿入した画像の解像度は、150〜200dpiにして下さい。
解像度の低い画像を挿入した場合、綺麗に印刷されませんので、ご注意ください。

印刷用としてのPDFデータでご入稿をお願いする場合

レイアウトバック(背景)に絵柄や色がある場合、正常に印刷用としてのデータに変換できない事があります。
その場合、お客様環境で印刷用としてのPDFデータに変換しご入稿していただく事も御座いますので、予めご了承の上でご理解ください。

Photoshop

ポスターのサイズと等倍にデータを製作してください。

プリントサイズ(等倍)で、データを制作してください。
縮小サイズからの印刷は画像や文字がぼやけたりギザギザになってしまいます。
等倍の方が、より綺麗に印刷できます。

文字は必ずラスタライズ化し、レイヤーを1つに統合してください。

文字は必ずラスタライズ化)して入稿してください。
ラスタライズ化とは、ビットマップ形式以外のデータをビットマップ形式に変換して画像化することをいいます。

レイヤーはデータを軽くする為に、できるだけ一つに統合して入稿してください。

解像度は、150〜250dpiで

プリントサイズで300dpiの画像データを使用しますと、ファイルサイズが非常に大きくなってしまいます。
制作時は、150〜250dpiを目安として作成してください。

Illustrator

      配置画像を使用する際、できるだけ拡大や、縮小等の編集を行わずに、
元画像で作成していただいたほうが、画質が良くなります。フォトショップ
などの画像編集ソフトで、制作前に画像サイズを修正しておいてください

イラストレーター トリムマーク
フィルタ>クリエイト>トリムマーク