マイページログイン
リピート割引実施中!
ご注文はこちらから。以下のセットや用途をお選びください。
セットメニュー
用途で選ぶ
サイズで選ぶ
製本方法で選ぶ
オプションメニュー
その他の印刷物・グッズ
便利なツール
同人誌印刷・利用ガイド

オンデマンド印刷とは
お得で便利な会員登録!
企業情報
日本印刷個人情報保護体制認定制

弊社は、個人情報の取扱体制をより一層強化し、JPPS(日本印刷個人情報保護体制認定制度)の認定を受けています。
(認定番号:第JP300202(1)号)

■「日本印刷個人情報保護体制認定制度(JPPS)」とは
全日本印刷工業組合連合会主催の、印刷業界に特化したプライバシーマーク(Pマーク)に準じる個人情報保護体制の認定制度です。


■営業カレンダー

※赤色が休業日です。




 

よくあるデータ不備







ご注文の冊子サイズとご入稿データサイズが違う

ご注文サイズとご入稿データサイズは合っていますか?
※ご入稿いただくデータが塗り足しのついた、ご入稿データサイズになっているかご確認ください。

注文サイズと就航データのサイズが一致していないイメージ
サイズ一覧表はこちら >>>



ページ数が違う

ご注文のページ数と総ページ数は合っていますか?

ご注文の際の「ページ数」とは、表紙周りと本文を足した「総ページ数」となります。
ページ数の数え方を間違えると、ご注文内容とデータが一致せず、印刷することができない場合がございます。
下記の図の場合は表紙まわり含め総ページ数が「8ページ」となります。
【ご注意ください】下記内容に遊び紙サービスを追加しても、ご注文いただくページ数は8ページのままです。


遊び紙(オプションサービス)はページ数にカウントしません。
遊び紙を希望する場合もしない場合も、
ご注文ページ数は同じとなります。






塗り足しがない

周囲3mmの塗り足しはありますか?
下図のピンク色の線が仕上がりサイズです。 この位置で裁断しますが、裁断の際には多少のズレが発生します。
(これは技術上防ぎようがありません)
そこで、ズレが発生しても紙の端に白場が出ないようにするために「塗足し」が必要となります。
塗り足しは上下左右にそれぞれ「3mm」ずつ必要です。

塗足し説明画像



塗り足しについて詳しくはこちら >>>


文字が切れてしまう位置に配置されている

仕上がり位置ギリギリに「切れてはいけないデータ」は配置されていませんか?
※読みやすさを重視するのであれば20mm程余裕があるのがおススメです。


塗足しがないため、
紙の白場が出てしまったイメージ例
ギリギリにレイアウトされていたため、
文字が欠けてしまったイメージ例
ズレのイメージ ズレのイメージ





画像のリンクが切れている

入稿用フォルダに入れたデータは、リンクが切れていないか必ず確認してください。

リンク画像について





フォントが画像化(アウトライン化)されていない

フォントは全てアウトライン化(画像化)されていますか?
フォント情報は、それぞれのパソコンにインストールされているフォントに依存していますので、アウトライン化されていないフォントは、別のパソコンで開くと、「意図しないフォントに置き換わってしまう」場合があります。

アウトライン化前とアウトライン後の文字データのイメージ




カラー・モノクロ混在セットのカラーページ数

カラーページ数は合っていますか?
表紙まわり4ページ(表1・表2・表3・表4)をカラーで印刷する場合も、必ずカラーページに数えてください。
仮に、表1・表4をカラーデータで作成してご入稿いただいても、「カラー印刷するページの指示」に表1・表4が含まれていないと、表1・表4をモノクロで印刷する場合がございます。


表1と表4、本文中3ページがカラーの場合のカラーページは5ページです

▲ この場合、カラーページは 5ページ となります





奥付表記について

Dメイトでは同人誌に奥付の記載をお願いしております。

奥付とは、誰がいつ発行したかがわかる情報を記載した部分で、責任所在の有無を判断する基準です。
「責任ある同人活動を行なっている」という意思表明のために、奥付を必ず記載してください。
※発行した同人誌に問題が生じた場合、奥付の記載がないと問題が深刻化する恐れもございますので、奥付は必ず記載してください。

奥付記載内容(一般的)

  • 本のタイトル
  • 発行年月日
  • サークル名(発行者名)
  • 連絡先
  • 印刷会社名
奥付表記の例
同人誌の奥付表記の例
         
ワンポイントアドバイス

 連絡先について

個人HPのURL、メールアドレス等が適切とされています。

連絡先は、購入した同人誌に乱丁などの不備が見つかった場合に、購入者が発行者と連絡を取るために必要となります。そのため、確実に連絡をとることができる情報である必要があります。
連絡を取るために会員登録の手続きを必要とする連絡先(pixiv、Twitter、mixi等SNSのID)は適していないといえます。載せる場合は、個人HPのURLやメールアドレスと併記するか、誰でも連絡を取ることができるID(メンバー限定・鍵付き以外のID)を用意しましょう。


page top