オンデマンドP
お気軽にお問い合わせください。営業時間AM9:00~PM5:00
お問い合わせの際は「オンデマンドPを見た」と伝えてください。
073-425-1346

少部数・小ロット・オンデマンド印刷専門店

オンデマンドP

073-425-1346

重たいファイルを軽くするには?

「ページ数の少ない冊子なのにデータ容量が大きすぎてアップロードできない!」
「急いでいるのにデータ入稿に何時間もかかってしまう」「データを修正して保存するのにすごく時間がかかる」

それほどページ数が多いわけでもないのに、データ容量が大きすぎてこういったトラブルを経験された方も多いのではないでしょうか。

こういったトラブルの一番の原因は「画像」です。
容量が大きすぎるデータは、データの破損等思わぬトラブルにもつながりますので、下記の点に注意してデータを作成していただくのがお勧めとなります。>

※極端にデータ容量が大きい場合、データ修正をお願いする場合がございますのでご注意ください。

Illustrator上で画像を縮小しない

データをきれいに印刷するには高解像度の画像が必要となりますが、フルカラー印刷の場合、「原寸サイズで解像度350dpi」が推奨値となります。

これ以上大きなサイズを使用しても仕上がりにほぼ違いはなく、実際に必要なサイズよりも大きな画像データを使用することで、容量だけがどんどん大きくなり、データの破損やデータ送信できないといったトラブルの原因となります。

Illustratorに配置した画像をIllustrator上で縮小しても画像のデータ容量は変わりません。
必要以上に大きな画像を配置し、Illustrator上で縮小することを繰り返すと、データ容量がどんどん大きくなり保存をするのも編集をするにも時間がかかるようになります。

このページでは、適切な容量のデータを作るための方法を2つご紹介します。
締切ギリギリでのデータ送信トラブルや、データ作成を快適に進めるためにも是非ご活用ください。

使用する画像を適切なサイズに変更してから配置する方法 >>

既に配置した画像を「ラスタライズ」で適切なサイズに変更する方法 >>
※Adobe Illustratorのみで可能

使用する画像を適切なサイズに変更してから配置する

Adobe IllustratorやOfficeソフトに配置・挿入する前に、画像を適切なサイズに変更しましょう。
そうすることでIllustrator上で縮小することなく、適切なサイズの画像を使用することができます。

それぞれの印刷に適した推奨サイズ

カラー印刷
の場合

カラーモードがCMYK・RGBの場合は原寸サイズで解像度350dpi


モノクロ
印刷の場合

カラーモードがグレースケールの場合は原寸サイズで解像度600dpi

カラーモードがモノクロ2階調の場合は原寸サイズで解像度1200dpi

■画像サイズの確認・変更方法(Adobe Photoshopの場合)

「イメージ」→「画像解像度」

例)A4仕上がりの冊子で、1ページ全面に配置する画像の場合 …
必要な画像サイズは216×303mm 解像度350dpiです。
下記の画像は適切なサイズと解像度です。

下記の画像はサイズが約1500mm×2100mm…
なんと1.5メートル×2.1メートルもあります。
データサイズも1ギガを超えており、かなりの大容量データになってしまっています。

下記の画像はサイズが216×303mmで適切なサイズですが、解像度が1050dpiもあります。モノクロ印刷でカラーモード:モノクロ2階調であれば1200dpiを推奨していますが、カラー印刷であれば350dpiで大丈夫です。

既に配置した画像を「ラスタライズ」で適切なサイズに変更する

既に大きな画像を配置・埋め込みして作成してしまった場合、元画像からサイズを変更するのは大変です。
その場合は「ラスタライズ」という機能を使うと、Illustrator上で画像を適切なサイズに変更することができます。

■埋め込み画像のラスタライズ化 Adobe Illustratorでのみ可能

配置画像の場合は、必ず「埋め込み」を行ってから下記作業をしてください。
「リンク」→「画像を埋め込み」

埋め込んだ画像を「選択」した状態で→「オブジェクト」→「ラスタライズ」

■カラーモードはCMYKを選択
■解像度はその他から350dpiを入力 ※カラー印刷の場合
■背景は透明を選択
■特色を保持のチェックを外す

上記の作業を行って保存をし直すと、370MBあったデータが48MBまで小さくなりました。

ラスタライズはオブジェクトを画像化するための機能で、上記作業は埋め込んだ画像を350dpiで再画像化した形となります。
ラスタライズ後は、配置したサイズで350dpi化されていますので、そのあとに拡大すると画質が下がってしまいますのでご注意ください。

※Illustrator上で特殊効果等を使用している場合は、ラスタライズ後に見え方・レイアウトに変化が出ていないか充分にご確認ください。

photoshopのレイヤーはすべて統合する

※その他の画像編集ソフトでも同様にレイヤーを統合してください。

①画像解像度を推奨値にする

データをきれいに印刷するには高解像度の画像が必要となりますが、フルカラー印刷の場合、「原寸サイズで解像度350dpi」が推奨値となります。

これ以上大きなサイズを使用しても仕上がりにほぼ違いはなく、実際に必要なサイズよりも大きな画像データを使用することで、容量だけがどんどん大きくなり、データの破損やデータ送信できないといったトラブルの原因となります。

②レイヤーをすべて統合する

レイヤー統合をして保存をし直すと、10MBあったデータが5MBまで小さくなりました。

EPS形式で保存する
※対応しているソフトをお使いの場合のみでOK

「EPS形式」で保存するとより容量が小さくなります。
10MBあったデータが2MBまで小さくなりました。

SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

営業カレンダー

商品一覧

オンデマンドP
運営/西岡総合印刷株式会社
〒640-8324 和歌山市吹屋町5丁目54
https://www.nishioka.co.jp/ondemand/
このホームページに掲載のイラスト・写真・商標の無断転載を禁じます。
Copyright2009 オンデマンド印刷の専門サイト「オンデマンドP」All rights reserved.